ちいさい惑星

タイトル:ちいさい惑星

作者:木村瑠花

宇宙の惑星を舞台に、ゆるい宇宙生物が気ままに動き回る作品です。プログラミングで制作したインタラクション作品をキャプチャして映像にしたもので、キャラクターは自動的に動いています。キャラクターのゆるい雰囲気を楽しんでもらえたらと思います。

o・su・shi

タイトル:o・su・shi

作者:齋藤寿里

普段から食材をモチーフにしたストップモーション・アニメーションを制作しており、ネタによって色や形、質感の違う寿司を動かしたら面白くかわいい映像が作れるのではないかと思い、制作しました。 動きも、形や色からキャラクターを想像し、それぞれに合った、動きを考えました。

ふすまと童

タイトル:ふすまと童

作者:西尾秋乃

和室をテーマに制作した作品です。柱の4面がそれぞれ別のふすま、しょうじになっていて、画面内を小さな子供たちが自由に遊びまわります。 自身が子供の頃、自宅の和室の少し開いたふすまの隙間に誰かの気配を感じることがありました。多くの人が行き交う栄の中心で、普段は気づかない、ふすまの向こうの彼らの気配を感じてもらえたら面白いのではないかと思い、作品にしました。

風光丸

タイトル:風光丸

作者:日比野曜

幼い頃によく遊んだ自然公園。十年前に家族で北陸を旅行した際見た日本海。私にとって思い出の場所を訪れ撮影した映像で構成しています。忘れられない美しい光景や何故か憶えている不思議な瞬間をテーマにした作品です。また、スクリーンが柱状であるために立体感を感じます。風船にプロジェクションし撮影した映像、鏡面反射の編集を加えることで、さらに多次元の立体感を構築しようと試みました。

to whom

タイトル:to whom

作者:増田優太

画面の中の、物語を持たないキャラクター達は、延々とどこかへ手を振っている。スクリーンの中の列車が、現実へ飛び出してこないように、キャラクター達は宙に向かって手を降り続ける。 クリスタル広場では、どこかから来た人を迎え、どこかへ行く人を送り出す人がたくさんいます。互い違いに人々が交錯する場所です。 そんな広場の特性から発想した、映像の登場人物が持つ方向性をモチーフにした作品です。

ちいさい世界

タイトル:ちいさい世界

作者:木村瑠花

手描きのアニメーション素材をプログラムでランダムに表示しているインタラクション作品です。 キャラクターを表示する位置も大きさも毎回ランダムなので、同じ画面になることがありません。 今回は、いくつかの画面をキャプチャして作品にしました。

ラベンダーが香る時

タイトル:ラベンダーが香る時

作者:伊藤純

日常を通して、私の頭の中に浮かんだ情景をもとに、コラージュを用いて制作したGIFアニメーションです。7つのGIFにはそれぞれ隠れたタイトルがあります。自由に想像してみてください。

のーわんのうず

タイトル:のーわんのうず

作者:刀禰菜緒・西村友里

4つの不思議な生き物たちを描いたループアニメーション作品です。1人2キャラずつ、分担してアニメーションを制作し、隣り合わせが同じ人の作品にならないよう配置しました。 キャラクターの特徴的な動きの合間に全員が同じ動作をするタイミングがあるので、意識してみてもらいたいです。 小さい子どもも親しみやすいようなキャラクターデザインと、ビビットな色調で単調かつかわいらしくなるように制作しました。

また遊ぼうね

タイトル:また遊ぼうね

作者:大島 涼花

幾何学模様が浮遊するアニメーション作品。音を聞いた時のイメージをもとに制作した。ストーリを持たせず、どの場面から見始める事ができ、クリスタル広場での縦長の構図も、動画としての横長の構図もどちらでも見られるような構成とした。

きょうのゆめ

タイトル:きょうのゆめ

作者:木村瑠花

少年が見ている夢の光景をアニメーションで描いた作品です。宇宙と海を舞台に、宇宙人、あざらしやヒトデなどの海の生き物が登場します。どこか不思議だけど、穏やかで癒される映像づくりを目指した作品です。