Temochi-Butasan

タイトル:Temochi-Butasan

制作者:青山 楓

ふとした瞬間に訪れるもの──、それは”Tenichi-Busta”(手持ち無沙汰)。

そんなBusataな時間を癒しに変えるべく、開発された新商品が「Temochi-Butasan」。

片手にすっぽり収まるサイズで持ち運びしやすく、いつでもあなたの手持ち無沙汰を癒しに変えます。

さああなたも、Have a good “Temochi-Busata”。

という、架空の商品のコマーシャルです。我々は待ち時間など手持ち無沙汰なときはついついスマホを見がちですが、手持ちの豚さんがあったら癒しになっていいだろうなぁと思いこのような作品を作りました。

溶け込むように

タイトル:溶け込むように

制作者:藤本 紫音

自然の中で私の目に留まるもの、それは風に吹かれる花や泡をたっぷり含んだ波、光が差し込む木々、そして歩くたびに揺れ動く白いワンピース。色、光、風、動きによって作り出される景色は、一度限りだからこそ切り取りたくなる。目を離したくない瞬間は、自分の周りに広がっている。そして、そこには自分自身も融合しているはずだ。ゆりかごに包まれているような感覚を表現した実写映像作品。

朧華(おぼろげ)

タイトル:朧華(おぼろげ)

制作者:石川 真衣

わたしたちが見ている映像の不確かさや曖昧さを表現した映像作品。実写映像を1コマずつ紙に印刷し、印刷されたイメージを水でぼかすという手法を使って制作しました。4つの柱で、映し出される映像が異なっていて、印刷した紙の表面と裏面が実際に映し出される時にも対になるように配置しました。アナログな手法を用いて制作しているので、デジタルにはない質感やテクスチャも楽しんでもらえたら嬉しいです。

half

タイトル:half

制作者:山村 涼

女性が公衆電話を使用し「想い」を伝える30秒の短編映像作品です。明るいイメージと切ないイメージ、2パターン制作しました。番号を入力するシーンなど細かいところにも注目してみてもらえると嬉しいです。また、この映像作品はあなたが聴いている音楽を合わせることで完成します。映像のイメージに合った音楽を見つけてみてください!

interact with

タイトル:interact with

制作者:栗本 志乃

普段からすれ違う人々を横からみているとすれ違う瞬間輪郭が重なり合ってひとつに見えたり、お互いの動きによってそれが引き延ばされていくような動きが見えることがありました。今回そのお互い知らないうちに作用しあっている様子を実際に表してみようと思い制作しました。動きを楽しんで見たり、普段見ている何気ない光景がちょっと違って見えたりするようになったら嬉しいです。

ちいさい惑星

タイトル:ちいさい惑星

作者:木村瑠花

宇宙の惑星を舞台に、ゆるい宇宙生物が気ままに動き回る作品です。プログラミングで制作したインタラクション作品をキャプチャして映像にしたもので、キャラクターは自動的に動いています。キャラクターのゆるい雰囲気を楽しんでもらえたらと思います。

o・su・shi

タイトル:o・su・shi

作者:齋藤寿里

普段から食材をモチーフにしたストップモーション・アニメーションを制作しており、ネタによって色や形、質感の違う寿司を動かしたら面白くかわいい映像が作れるのではないかと思い、制作しました。 動きも、形や色からキャラクターを想像し、それぞれに合った、動きを考えました。

ふすまと童

タイトル:ふすまと童

作者:西尾秋乃

和室をテーマに制作した作品です。柱の4面がそれぞれ別のふすま、しょうじになっていて、画面内を小さな子供たちが自由に遊びまわります。 自身が子供の頃、自宅の和室の少し開いたふすまの隙間に誰かの気配を感じることがありました。多くの人が行き交う栄の中心で、普段は気づかない、ふすまの向こうの彼らの気配を感じてもらえたら面白いのではないかと思い、作品にしました。

風光丸

タイトル:風光丸

作者:日比野曜

幼い頃によく遊んだ自然公園。十年前に家族で北陸を旅行した際見た日本海。私にとって思い出の場所を訪れ撮影した映像で構成しています。忘れられない美しい光景や何故か憶えている不思議な瞬間をテーマにした作品です。また、スクリーンが柱状であるために立体感を感じます。風船にプロジェクションし撮影した映像、鏡面反射の編集を加えることで、さらに多次元の立体感を構築しようと試みました。

to whom

タイトル:to whom

作者:増田優太

画面の中の、物語を持たないキャラクター達は、延々とどこかへ手を振っている。スクリーンの中の列車が、現実へ飛び出してこないように、キャラクター達は宙に向かって手を降り続ける。 クリスタル広場では、どこかから来た人を迎え、どこかへ行く人を送り出す人がたくさんいます。互い違いに人々が交錯する場所です。 そんな広場の特性から発想した、映像の登場人物が持つ方向性をモチーフにした作品です。