trees

タイトル:trees

制作者:竹本誠

私は、自然の中に長くいると、自然と自分の境界が曖昧になっていくように感じることがある。今回の映像作品では、植物の中を駈け抜けて森の中に入っていくような感覚を表現しようと思った。植物の種類は、普段私達が、雑草と呼ぶ草花や、植林された林でよく見かける杉などの針葉樹を選んだ。森の入口を走り抜けて自然の中入って行く一瞬の映像。そんなシーンを3DCGの植物でつくりました。

フワモフ

タイトル:フワモフ

制作者:太田宙、嶋晏澄

昨今のアニメではCGのレンダリング方法をセルアニメのような見た目にすることで、違和感なく組み合わせるような技術がある。本作品は、そのような複数の描写が合わさった映像で行われる描写の違いを、どちらかに合わせようとするのではなくわざと隔たりを作ることで、画面の中の不和自体を表現にした作品である。また図と地が反転することで、手書きアニメーションとCGの描写の関係性を変化させることを試みた。

習作 2021/9/18-10/8

タイトル:習作 2021/9/18-10/8

制作者:宮﨑那奈子

2021年9月18日(土)から10月8日(金)までの21日間、作者がその日「もっとも遠くに来た」と感じた場所で毎日撮影を行った。本作は、そのようにして撮影した映像素材を21秒に編集したものである。

映像の使用する部分には、作者が感覚的に選んだカットと機械的に抽出したカットが含まれており、それらの関係を探った。

韻律と鼓動 「月夜の浜辺」の一考察

タイトル:韻律と鼓動 「月夜の浜辺」の一考察 

制作者:永冨美里、林晃世

中原中也にとってのボタンのように、役立てるつもりもないのに捨てるに捨てられない。そんなものはありませんか?

「夏の夜の博覧会は、かなしからずや」という中也の別の作品にも、ボタンが登場します。

月夜の晩に波打際に落ちていたボタンは、一体何をつなぎとめていたのでしょうか。

この詩を読んだときの思いを、鼓動を、静かな夜の海のような、それでいて生き物のような、そんな映像に込めました。詩の情景を思い浮かべながらご鑑賞ください。

one second

タイトル:one second

制作者:稲吉宏紀

私たちの生活の中で至る所で見かける時計という存在。それらは、それぞれが個性を持った異なる形だが、全く同じ時を刻む。

私は、毎日、ひとつずつ、プログラミングにより時計を制作した。本作品では、グリッド上にそれらを並べて、1秒毎に時計の配置に変化を与えるアニメーションを施した。

私たちが普段、意識しない”1秒”を体感してもらいたい。

人間失格

タイトル:人間失格

作者:Lucy Cho

たまには、自分自身が好きではない。
もう、ダメかも知れない。
それでも、生きて行く。
こんなダメな私も、結局人間として生きて行くべきだから

Digital Gravity

タイトル:Digital Gravity

作者:Kenji Nakaminami

本作品では、重力に従って動く球が柱巻ディスプレイ上を循環するように動いているが、実際は奥行きのない、XY方向のみの移動をしており、ディスプレイの形状によって見た目上Z方向の動きをしているように知覚させられている。また、球の背面には、白黒のオブジェクトが縦横無尽に動く。デジタル表現における重力の有無は、人間の知覚的な問題によって決定づけられており、その間には自由さと不自由さが交錯している。

Vat in a Brain

タイトル:Vat in a Brain

作者:Ayumi Nagai

1年前に同場所で撮影された映像を元に制作した作品。機械学習の深度推定を用いて映像を点群化し、柱を水槽と見立て点群に流体シミュレーションを適応した。また、柱を鏡面としたシーンで群集シミュレーションによる魚群を生成し、前述の点群にオーバーレイしている。作品内空間と現実のディスプレイは整合性のとれた位置関係にある。新型コロナウィルス流行以前の生活を取り戻そうとして水泡に帰してしまう諸行無常みを表現した。

A song for you

タイトル:A song for you

作者:PONGA HUANG

In our daily life, eniverment has a lots of sound keep happening, if we can slow down our heart, as slow as how the cloud moving on the sky. We will find out that the mother earth actually singing every single monment.

COOKBEAT

タイトル:COOKBEAT

作者:Sachio Kuwahata

時間:37秒

料理を作る工程の中には、様々な「音」が混在している。
素材が包丁に切断される音、まな板に包丁が衝突する音、野菜の皮が剥がれる音、殻が割れる音、脂が熱い鉄板で弾ける音。
単一の工程をループしながら、徐々に料理の工程が進んでいく…
様々な音を組み合わせることによって、4つの柱から料理のビートを生成した。