未来04

未来04

タイトル : 未来04

制作者 : hitsujikai

インターネットがインフラとして浸透し、見えない領域で情報が瞬時に流動する。この無数の情報が常に降り注ぎ、真実と虚偽が混在することとなった。しかし、この両者が混ざり合うことで、未来の方向性や社会の在り方が模索しにくくなる。この映像は拡散する情報を象徴し、様々な色と模様が変化し情報の複雑さを反映する。情報は黒から白へ、様々な色と形を持ちながら拡散する。黒い情報は混沌と不確かさ、白い情報は信頼性と真実を表す。惑わされず、制限されすぎない未来はあるのか。その情報はどんな色と形をしているだろう。

未来03

未来03

タイトル : 未来03

制作者 : hitsujikai

人と情報が渦を巻く。この映像は原色のピクセルが移動し、凝縮されたり複製されたり、流れを作り出す。ピクセル同士が交わる瞬間に生まれる変化や、模様が複雑に絡み合う様子は予測できない未来の動きや関係性を暗示する。これらの細部を観察することが先の理解を深める手がかりとなる。未来は予測困難ながらも、細部の中に存在する情報や動きを注意深く観察することで、その先の展望が少しずつ明らかになって行く。未来がどう動いていくか、今を追い続けながら探求していくことがヒントになるかもしれない。

未来02

未来02

タイトル : 未来02

制作者 : hitsujikai

物事は常に流れている。未来は常に流れの中に位置し、過去からの影響を受けながら現在を通過し、未来へと進んで行く。流れに身を任せればどんどんと流れていく。立ち止まると他は先へ行ってしまう。流れの中で生まれる出来事や変化が、未来を形成し、未来がまた新たな流れを生むといった相互の影響が存在する。未来と流れは互いに補完し合い、私たちの人生や社会の進化において重要な役割を果たしている。次はどんな流れがくるだろう。その流れに乗るべきだろうか、あらがうべきだろうか。

未来01

未来01

タイトル : 未来01

制作者 : hitsujikai

矢印、その小さな形状が私たちの周りに無数に存在し、時には単なる指示器として機能する。その様子は未知の方向を示唆し、時には特定の場所を指し示し、情報やメッセージを伝える。この映像の矢印は時折見えなくなり、方向性を見失ったかのように混沌とした変化を表す。その一方で、再び明確に姿を現し、新たな可能性を示唆する瞬間もやってくる。現代の複雑さと矛盾を矢印はどのように表象するのか。自信が揺らぐとき、立ち尽くすとき、矢印はどこを指し示し、どんな形をとるのか。人々は未来が見えずとも、何かに気づき、進むべき方向へ進んで行く。自身が、導く方向を示すのか、導かれる方向を示されているのか、その手がかりは矢印なのかもしれない。

Meteor:夢の軌跡

Meteor:夢の軌跡

タイトル:Meteor:夢の軌跡

制作者:長江紗愛

夢とはなんだろう。未来とはなんだろう。その疑問を振り返ってみたとき、知らない世界を大冒険したいという自分の気持ちと向き合いました。この作品は、私が初めてモーショングラフィックスに挑戦し、映像という世界を初めて切り開いたものです。自分の知らない景色、知識を広大な宇宙に例え、色彩の変化を顕著に表しました。夢に向かう人々のこれからの未来が、光り続ける流星となるように。そして自分の未来が、星々のように輝き続けるように。

わいわい、栄

わいわい、栄

タイトル:わいわい、栄

制作者:三戸夕季

大同特殊鋼 フェニックス スクエアは私自身も集合場所として利用したことがあり、いつも明るい雰囲気で、沢山の人で賑わっている印象だ。今回、「栄」をテーマに作品を制作したが、「栄」の文字通り、そういった明るく賑わった雰囲気を出したかった。映像では、様々な人たちが朝のルーティンをこなし、栄の街に集まる。絵本のような柔らかい印象が感じられるよう心掛けて制作した。最後の色とりどりの棒で構成された「栄」の文字は、沢山の人で賑わう街ということを表している。

あなたと輝く未来

あなたと輝く未来

タイトル:あなたと輝く未来

制作者:稲垣迅

中区にある栄は多種多様な人々で常に賑わっている場所です。楽しく観光している人、仕事で頑張っている人、時には調子が悪い人もいるかと思います。しかし栄のシンボルである「中部電力 MIRAI TOWER」には皆さんを見守る黄色い精霊がいるのです。これからの未来がいつまでも笑顔でいられるよう彼らは活動しているよ!という作品です。彼らはこの映像でしか見ることが出来ませんが、実はあなたの周りにもあなたが笑顔になれるよう努めている人がいるのですよ。それでは今日も素敵な一日をお過ごし下さい!

ユメ

ユメ

タイトル:ユメ

制作者:安藤昂宏

睡眠中の脳は「記憶の整理と定着」を行っているという。しかし私にはそのような自覚はなく、曖昧な世界をただ漂流しているような感覚に近い。”それ”は変幻自在であり、独特な浮遊感があり、神秘的でさえある。私が幾度も見たユメをここに表現する。

未来へと廻る Four Seasons

未来へと廻る Four Seasons

タイトル:未来へと廻る Four Seasons

制作者:前田 翔勇 

サカエチカの柱から外へと向かう新しい未来空間。

この作品は、サカエチカという地下空間に四季を映すことで、本来外でしか見れないものをここでなら見ることが出来る、という現実では起きないことを3DCGで展開した少し未来的思考の入る作品となっています。もしよければ、4面とも別の形式になっていますので、それぞれの観点からお楽しみください。

移ろう光と栄

移ろう光と栄

タイトル:移ろう光と栄

制作者:木下 朋香 

ガラスの柱の印象から、”透明”の印象を受けました。透明な水の中で流動するラメが栄の街を歩く人々の流れのように感じ、それを表現しました。

水の中で漂っているラメが綺麗に映るように暗い部屋でスポットライトを当てて映像を撮影しています。

また、ゆっくりグラデーションをかけながらラメが落ちていく様子を何パターンか撮影し、その中でも特に綺麗にラメが流動した映像を選出しています。